2015年9月4日金曜日

常盤校区自主防災訓練

 8月30日(日)は、常盤校区の自主防災訓練でした。こちらも支援員として参加してきました。
 常盤ふれあいセンター前で受付を終わると、会長さんの挨拶の後、今年の訓練である土のう作りのためにセンター隣の駐車場に移動です。

 常盤校区の担当でもあります、宇部市消防団西岐波分団の指示のもと、皆さんで土のうづくりと積み方の学習を行いました。
 本来なら、袋に印刷されている横線まで砂を詰めますが、今回は訓練なので砂はスコップ二杯分。土のうを積むときには、絶対に水が流れている側に尻を向けないようにとのお話でした。

 訓練後は、センターに戻って山口放送(KRY)の山本気象予報士の講演です。予報の情報の「こういった所に注意して観てください。」等のお話、予報時に聞いてもらいたい内容を「こういう風に話している。」などの話がありました。

 最後に、西岐波分団の消防機器の紹介があって訓練は終了したしました。消防団から団員の募集についてのお話が有り、現在は定員より団員が少ないとのことです。消防団の活動に関心があればぜひとも連絡してほしいとの事でした。 

0 件のコメント:

コメントを投稿