2015年8月7日金曜日

アマモの苗植え体験(白土海岸)

 8月3日(月)同日は、夕方から白土海岸にて、小学生対象でアマモの苗植え体験が行われました。

 アマモは浅い砂地に生える海藻です。食用という訳ではないのですが、魚の生活場所として重要な植物になります。
 去年の11月床波海域保全グループの方々が、アマモの藻場再生のため、種入りの麻袋を設置、今年は苗を植えることとなりました。
 県の水産研究センターの方の説明の後、植え付け場所まで移動します。

 この日の干潮時間は約あと1時間後、潮が沖まで引いた海岸を植え付け場所まで歩きます。結構距離がありますが、水辺ということと海風で気持ち良い歩きとなりました。

 白土海岸で採取した種を使って育成された苗を、プランターに入れて子どもたちが植えつけます。

 もうちょっと近くで写真を撮りたかったのですが、植え付け場所の周辺は微妙に水深が深く、長靴装備でも心もとない状況でしたので、望遠レンズで(^^;

 青々として茂るアマモ。白土の海全域に広がっていくことを願ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿