2015年8月4日火曜日

常盤区民夏まつり(準備篇)

 8月1日(土)は、常盤校区の夏まつりでした。(^^)が準備の参加に参りますと、ふれあいセンターに巣をかけているツバメが、カラスに襲われるとのことで、目の大きな網を巣の周りにかけておられました。
 ツバメの親は、難なく通り抜けますが、カラスは網があるだけで嫌がるそうです。
 
  兎に角、暑いのでまずはテントを先に立てて、日陰を作ります。お茶と塩も用意され、熱中症対策を万全に皆さん作業されています。
 
  常盤校区のやぐらは、木製です。いくつかの部品を組み合わせて組み上げます。
 
 「棟梁」と呼ばれる方の指示で、組み上げていきます。

 やぐらの四方に、笹を立て、提灯を下げ紅白幕を巻けば盆踊りのやぐらは完成です。

 ひととおり前準備が済んだら、関係者の皆さんは昼食のカレーを頂いて一応お開きになりました。
 夕方に再度集合して、テントの中のものを準備して夏祭りが始まります。

0 件のコメント:

コメントを投稿