2015年6月8日月曜日

わくわく常盤の山炭生保存活動

 えーと、常盤校区も担当になって、やっと常盤の話題です。最近は更新もままならない事が多くてすみませんm(_ _;)m
 5月24日(土)は、常盤校区の団体、「わくわく常盤」さんが「山炭生」(やまたぶ)の整備活動をされていると言う事なので、参加してまいりました。
  当日は、参加の小学生十数人と一緒に、歩いて現地まで。
 
 常盤の山炭生跡は、ときわ公園内にあります。(^^;)はまだまだな宇部の炭鉱についての知識が乏しいのですが、家庭用などに石炭を掘られた跡が常盤池周辺にいくつかあるそうです。
 個人が掘るものですからあまり深くは掘れず、ある程度量がとれたら、次の採掘穴を掘り、その残土で以前掘った穴を埋めていたとのこと。
 写真だとちょっとわかりにくいのですが、少しくぼんでいるところがその跡になります。
 
  山炭生跡の落ち葉や枯れ枝を集めて、きれいにしたあと、新しい案内板を設置しました。
 
 この後、更に奥の炭生跡に移動し、埋戻しがないため深い穴があいている跡に、やぐらを組んで子どもたちに採炭体験をしてもらいました。
 実際に下に降りて土を掘り、滑車で上に土を上げることを、ひとりひとり体験して終了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿