2014年11月12日水曜日

西岐波総合文化祭(準備編)

 11月7日(金)、日中の研修から西岐波市民センターに帰ると、こうこうとした明かりの下で、文化祭の餅まき用の餅の準備が始まっておりました。地元の頼もしい男性陣が一心不乱に餅をついておられます。

 臼も3基並んで、どんどん白餅紅餅が出来上がっております。途中からは地元中学生男子も加勢に。

 つきあがった餅は、適当なサイズにちぎられて、今度は地域の女性陣と、中学生女子の手により丸められていきます。

 最後は、机に並べて冷まし赤白で袋詰めです。

 3俵のもち米は、何百もの餅になり、十何個もの段ボール箱に収まり、土日の餅まきまで出番待ちとなりました。
 後で知りましたが、小野地区文化祭用には4俵もの餅米をついて餅をつくったそうです。
 ・・・一回で撒いたのでしょうか(^^;?なかなかすごい話です。

0 件のコメント:

コメントを投稿